社長の右腕にしたい人物

売れる仕組み
2022年08月04日 by 川田 新平

目次

こんにちは、ジョンソンホームズ川田です。

社長の右腕は、非常に重要な役割を担っています。

このポジションの人材が信頼できる人物か否かで会社の経営が左右されます。

また、社長がいつまでたっても細かい業務の責任者として立ち続けるのか、会社の経営に力を入れるようになるのかは「社長の右腕」を作ることが出来たかどうかで変わってきます。

今回は、そんな会社経営から社長の業務内容まで左右する「社長の右腕」にしたい人物について特徴をお話しします。

社長の右腕にしたい人物は「愚直な人間」

愚直イメージ-1.png

私が考える「社長の右腕」にしたい人物はズバリ「決めたことを愚直にやり続ける人物」です。

立てられた目標に対して行動をして、その結果に対して「なんで上手く行ったのだろう?」「なぜ失敗したのだろう?」など、「なんでなんで」を繰り返して研究し、行動を深化させていける人こそ「社長の右腕」として適任ではないかと思っています。

愚直さがないと、時流や時期が悪い時、顧客や部下に責任を転嫁してしまいがちになってしまいます。

自責が弱い人材だと経営の調子がいい時は問題があまりないのですが、業績悪化時やピンチの時に頼りにすることは出来ません。

どんなに難しくても今期・中期の目標をあきらめず、業績を上げるための行動を一つ一つ精査してブレずに、愚直にやり切る人材が短期・長期で会社を救ってくれます。

加えて、会社の理念やミッションに理解力が高い人であるとなお良いです。

ミッションが腹落ちしている

企業を運営するうえで経営理念やミッション、ビジョンは組織の指針・方向性を示すのに重要な役割を担っています。

ミッションを作ってはいるがスタッフに浸透していない、ただ壁に掲示されているだけではせっかく作った指針も意味を成しません。

社長の右腕は、組織のミッションに基づいているか常に意識して日々行動を行っている人物が望ましいです。

ミッションを理解していると、日々の業務が会社のなりたい姿に合わせたものになっていきます。

対話をしていても「こいつわかってるなー」と感心することが多く、ある程度任せていても組織が勝手に望んだ方向で運営されて行きます。

安心して任せることが出来るので、社長は細かな数字に対して口出しすることが減り、経営の仕事に専念できるようになります。

KPIに基づいた戦術に納得感がある

理解力のある人材は、重要業績評価指標:KPI(Key Performance Indicator)に基づいた戦術に納得感があります。

年間で数字を追っていくうえで改善・挽回計画が組まれて計画を達成させるためには新たな策を次々に打っていく必要があります。

改善・挽回は重要なのですが、行動ばかりに目が行ってKPIが疎かになってしまうことが良くあります。

  • 対策の聞こえはいいけど、目標達成に直結していないのでは?
  • 今月の対策なはずなのに、効果が出るのが数か月後では?
  • 対策の行動量と結果が数値化されていないから判断が出来ない。

など、頑張ってなんとかしようという策は考えるけれどもどれも狙ったところの改善になっていないような策を取ってしまうということが起こります。

KPIの達成に直結することであればひたすらそれに集中してその他の業務を一度保留・後回しにしてでも達成のために動くような方針転換や意思決定が出来ます。

また、社長として感情論ではない数値に基づいた行動・得られる結果を論理的にしてもらうことで、より納得感が得られるため「現状が苦しくても任せてみよう!」という気持ちになります。

社長の右腕は社長の右腕を生み出す

わたしが理想とする「社長の右腕」自身でミッションの重要性を理解しているため、部下とのコミュニケーションもミッションをベースにしたものになります。

今やっている仕事や業務改善をする場合に「自分たちのミッションに基づいているか」、新たな事業をスタートするときに「会社の方向性に沿っているか」など、自然と会社のなりたい像について考え、行動してくれます。

社長の右腕の下で仕事をしてきた人材は、普段からミッションに基づいた行動を徹底されているため、将来その人物が部下を持ち、新たな事業を行う際に任せられる人材「社長の右腕」に育っています。

社長の右腕が社長の右腕を生み出す」仕組みが完成すると、会社は勝手に思い通りの方向へ成長していってくれ、理想通りの会社が出来上がり、どんどん大きく成長していきます。

社長の右腕の作り方

社長の右腕イメージ-1.png

社長の右腕は愚直で理解力のある人間が理想的だと思います。

ただし、そういった素質を持っている人でもしっかりと育成していかないと、会社経営や事業部を安心して任せられる人材には育っていきません。

右腕が育たないのは、いい人材がいないのではなく「社長の意識」です。

社長が自信を万能だと思い、すべての業務に口をはさんでしまうと、部下は自分で考えることや、成長する機会を失ってしまいます。

社長の右腕を育てるためには、思い切って自分が今やっている業務を「社長の右腕」候補に渡しましょう。

はじめは年間の業績計画やスタッフの育成を任せつつ、育ってきたら大きな裁量を与え、3年、5年後のビジョンを話し合うような関係性を作ります。

すると本人にも「右腕としての自覚」が芽生えてきて、自ら会社のことを考えて仕事をするようになります。

ここまでついてきてくれる人物なら自責思考が強く、社長よりも会社の業績や将来の事を思ってくれる人材になります。

「社長の右腕」に関する記事一覧

社長の右腕の詳しい育て方はこちらのコラムをご覧ください。

経営者の右腕を生み出す方法

https://www.johnsonhome.biz/info/contrivance/How-to-make-a-right-hand-person.html


経営者の右腕を育てる仕事の「任せ方」

https://www.johnsonhome.biz/info/contrivance/How-to-leave-the-work.html


求める営業部長の理想像|経営者の右腕の仕事・役割とは?

https://www.johnsonhome.biz/info/contrivance/ideal-image-of-sales-manager.html


まとめ

組織イメージ-1.png

世の中がどんな状況でも成長し続ける会社は「社長の右腕」がしっかり育っています。

目標達成に向かって進む愚直さがあり、理解力が高く会社のミッションが腹落ちしていて、決して他人のせいにせず、社長よりも会社のことを思っているのではないかと疑うくらい自責思考が強い人材が「社長の右腕」に適任です。

「社長の右腕」がいると。社長は今やっている仕事をどんどん任せられて経営の仕事に集中することが出来るようになります。

「社長の右腕」を育てるために、「社長の意識」を変えて、部下にどんどん自分の仕事を渡して成長する機会を与えてあげましょう。

また、Facebookでも日々中小企業の経営者様が抱える経営課題の解決に繋がるような発信をさせていただきます。

よければフォローをお願い致します。

FB誘導バナー.png

写真:資料請求(無料)
資料請求(無料)
写真:セミナー
セミナー参加申し込み