SNSとホームページを活用して見学会にお客様を呼ぶ方法。

売れる仕組み
2019年07月20日 by 篠原 和将

目次

みなさんはFacebookやInstagramなどのSNSを個人的または仕事で使用したことはありますか?

 今の時代、様々な業種・職種の企業や営業マンがSNSを利用して、会社や個人をブランディングして、一般のお客様に知ってもらうことが当たり前になってきました。

今回は、SNS(主にInstagram)を中心に、ホームページ、ブログなどWEBを活用した見学会来場や資料請求を獲得する方法をご紹介します。

これからの市場と集客方法

 2018年の新設住宅着工戸数は942,370戸でした。前年比2.3%減となり2年連続の減少になり、2030年には54万戸程度まで減るのではないかという予測もあります。
※国土交通省・平成30年計分建築着工統計調査報告より

 他にも新聞を取らない、TVを見ない世代が新築住宅購入者になっているので、今までのような新聞広告や折込チラシ、TVCMでイベント集客や会社の宣伝をしても効果が出にくくなってきました。

 逆にSNSの利用は爆発的に伸びており、20代、30代の90%以上が何らかのSNSを利用しています。SNSの広告から見学会来場や資料請求を獲得する工務店様が増えてきており、お客様もSNSで見た写真を持参して外観や間取り、インテリアのイメージ希望を伝える方が増えてきました。

「SNSをどうやって活用するの?」WEBを使った集客方法

 次に、WEBを使った集客方法についてです。SNSを使っていない会社様でも会社のホームページは持っているのではないかと思います。ただ、お金を掛けて広告活動をしない限り中々訪問者様が増えないと思います。見てもらえないページを頑張って更新するのは心が折れてしまいますよね?

 SNSはホームページよりも一般の方に対して、自分たちの活動を広く知ってもらう拡散力があります。図のようにFacebookを通して、会社のHPに来てもらい、施工事例や会社概要、ブログを見てもらったり、逆にそこからInstagramを見てもらえたりLINE公式アカウント(旧LINE@)に友達登録をしてもらえることも...。

 さまざまな媒体を行き来できるようになることで、会社を知ってもらい、さらに会社のファンになってもらえることが可能です。このループを切らさないよう構築できれば、自動で顧客育成ができる装置になります。

 なので、SNSだけに力を入れる訳では無く、お客様に見てもらいたいもの(会社概要、想いやミッション、スタッフ紹介、施工事例、ブログ等々)をしっかり揃えて運用していくことがWEBを使った集客ではとても大事になってきます。

Instagramの活用方法

 今回はSNSの中でも新築住宅購入者の20~30代に利用者が多く、普及率も高いInstagramの活用についてお話していきます。

Instagramの投稿について大事なことは3点です。

1. 写真の選び方とクオリティ

2. プロフィールの作り方

3. 投稿する文章(ハッシュタグなど)

1. 写真の選び方とクオリティ

 インスタグラムでは何よりも写真が重要です。魅力のある写真、お家で例えると家具や小物が入っていない写真映え(インスタ映え)しにくい写真は、見てくれる人も少なくなってしまいます。

 投稿枚数も重要です。1枚だけではなく同じ箇所でも違う面から撮った写真や近く、遠くで撮った写真など複数枚載せることで、1投稿の情報量を豊かにして、見る人に必要と思ってもらえる投稿にしましょう。

2. プロフィールの作り方

 プロフィールはいわゆるお店の「顔」です。第一印象が決め手なので、堅苦しくなく、かつ自分たちのことがわかる内容を載せましょう。1~2行程度しか書かれていなかったり、内容がそっけなかったり、逆に長文過ぎたり企業感が強すぎるものは近寄りがたい印象を与えるのでNGです。

 また、プロフィールにはひとつだけURLを入れることが出来ます。Instagramの投稿がいいなと思ってくれたお客様を自社のホームページに取り込むために、是非ここに会社のURLを入れるようにしましょう。

 今は様々な業種の企業様がInstagramを運用しています。フォロワー数やいいねが多いところは有効的に活用出来ていると言えるでしょう。どんなことを書いているのかなど参考にしながら、自社の想いや魅力が伝わるプロフィール作成を目指してください!

3. 投稿する文章(ハッシュタグなど)

 Instagramは写真を中心としたSNSなので、投稿時の文章は写真以外で家の魅力を伝えることが出来る唯一の場所です。ハッシュタグのみではなく、文章も必ず入れるようにしてください。見学会であれば、家の魅力を「素人でもわかりやすく」書くように心がけましょう。

 #(ハッシュタグ)について、ハッシュタグは1投稿30個まで入れることが出来ます。【新築】など大きい分類から【札幌市】などの地域や【吹き抜け】などの小さい分類のキーワードを使い分けて自社のターゲットに拡散出来るようにしましょう。

まとめ

 一般のお客様がお家を建てる時、商品から興味を持ち始めます。住宅商品の写真を豊富かつ魅力的に見せることが出来るInstagramの運用は、新築住宅を販売する工務店様には最も効果的なSNSです。

 ただし、そこからホームページへ流入してもらってからは、会社の雰囲気や働いているスタッフはどんな人がいるのか?見学会イベントはいつ開催しているのか?など...会社の安定感や自分の価値観に合うかどうかをお客様はチェックしています。

定期的にブログやSNS、施工事例やオーナー様の声を更新して日々発信することが不可欠です。



 WEBを使った集客活動は今日明日で効果は出ません。しかし、今活動を行わないと数年後に大きな差が開いてしまいます。幸い住宅業界は比較的WEBやSNSを使った集客はこれから最盛期を迎えるので、今から始めることで数年後の新規集客や管理客育成が成功し、安定した集客が実現します是非この機会にSNS、WEBを使った集客活動を始めてください!

 ジョンソンパートナーズでは、こういった営業の方法、WEB・チラシを使った効果的な集客手法を間300棟以上住宅を手掛ける直営店と加盟店様で日々実践しています。他にもたくさんの営業ノウハウ、ブランディング、経営戦略のノウハウがあります。

もしご興味ありましたらこちらの【資料請求(無料)】より資料請求をお願い致します。

・加盟店様成功事例資料無料ダウンロード

・ジョンソンパートナーズの具体的な支援内容

写真:資料請求(無料)
資料請求(無料)
写真:セミナー
セミナー参加申し込み

資料請求(無料)CONTACT