社員のモチベーションがアップ!やる気が育つ職場の作り方

楽しい会社づくり / 従業員満足
2019年05月07日 by 金子 祐介

目次

こんにちは、金子です。

「社員にもっとモチベーションを出してもらうには、どうすればいいのだろう」
そんな悩みを抱える経営者は少なくありません。

社長自身も気持ちに余裕がなく、モチベーションを出せなくて落ち込んでいるケースもあれば、社長本人は仕事が楽しくて仕方ないというケースもあります。

今回は、「やる気満々のリーダーと、やる気がない社員」の組み合わせの場合について、どうすれば社員が仕事のやりがいを感じて、楽しめるようになるのかを考えてみましょう。

「黙って俺について来い」では、必ずしもついて来てくれるわけではない

「部下がついて来てくれない」と悩む熱血リーダー型の人は、まず自分を振り返えってみましょう。

①、スタッフに一方的に指示していないか
②、何かあるたびに説教をしていないか
③、①②のやり方の割に、コミュニケーション不足ではないか

など。

仕事に燃えて自ら先頭に立ち、突撃していく戦国武将のような社長に、必ずしも部下がついて行ける、というわけではありません。

また、「自分はこんなに頑張っているのに、社員はなぜついて来てくれないのだろう」と焦りを感じる社長は、社員との会話が不足している可能性があります。

「黙って俺について来いタイプ」で居るべきか、それとも、「常に周囲に目を配り、声をかけ続けられるリーダー」でいるべきか。
もしも、「部下がついてきてくれない」と悩んでいるのであれば、部下にとって 「この人と一緒なら頑張れる」とモチベーションが上がり、熱心に働ける環境を作る必要があります。

自分が変われば、社員が変わり、会社が変わる

世間ではよく、「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」といいます。
もともとはエリック・バーンというカナダ出身の精神科医の言葉ですが、スポーツやビジネス、教育などの分野でもよく使われる名言です。

ミスをした社員をつい厳しく叱ってしまい、萎縮させがちな人は、相手の話を冷静に聞いてミスの原因を探り、次の失敗を防ぐ手段を一緒に検討してみて下さい。

「結果を出せなければ努力していないのと同じ」と考える結果第一主義の人は、努力したプロセスを前向きに評価するように心がけましょう。

人間は人に認められたり、褒められたりすることで自信を持ち、自ら積極的に行動できるようになるものです。
人を自分の思い通りに変えようとするより、まず自分自身を変えていきましょう。

スタッフの個性×やりがい=楽しい職場

1f8b2ceaeb151d0291f896dfefe1162d_m.jpg

仕事に対して常に真剣な人ほど、「自分は頑張っているのだから、他の人も頑張って当然」だと思いがちですが、自ら努力する姿を見せるだけでは、人の心は動かせません。
社内一丸となって会社を盛り上げるには、まず一人ひとりの良さをリーダーが認め、本人の適性を生かす工夫が大切です。

今ここで、十代のころの学校祭を思い出してみましょう。

・人前に出るのが好きな人・・・演劇やライブ演奏で生き生きと輝き
・絵が上手な人・・・舞台美術や看板制作で才能を発揮
・実務や管理が得意な人・・・実行委員として運営を支える

このように、それぞれの立場で学校祭をうまく盛り上げていたように思います。

会社経営も学校祭と同じです。
堅実で慎重過ぎるベテラン社員もいれば、フットワークが軽くておっちょこちょいな新人もいるかもしれません。
細かい配慮が得意な社員もいる一方、大胆な判断で冒険したがる社員もいるでしょう。

社内のスタッフの個性を生かし、それぞれの得意分野を役割にすることで会社全体のモチベーションが上がります。
全員が自分の持ち味を生かして活躍でき、日常の業務にやりがいと楽しみを感じられる環境を整えれば、会社の雰囲気は確実に変わるはずです。

「もっと頑張れ」とハッパをかけるだけでは、社員のやる気は引き出せません。
仕事に対していつも熱心な社長は社員のやる気のなさを嘆くより、自分自身を変えることを考えましょう。

十代の頃の学校祭のように全員が自分の得意分野で力を発揮し、心から楽しんで頑張れる職場を目指して、社内の雰囲気を変えていきましょう。
常に社員とのコミュニケーションを図り、それぞれの適性や努力を認め、褒めて伸ばす社員教育も必要です。

他にも社員のモチベーションに関するコラムを発信しておりますので、ぜひご参考ください!

まとめ

  • 「黙ってついて来い」ではなく、日頃から社員一人ひとりの話をよく聞くように努める
  • 社員が自分の持ち味を生かして活躍でき、業務にやりがいと楽しみを感じられる環境を作る
  • 相手の良さを認め、褒め続けることで、社員は自信を持って積極的に行動できるようになる

写真:資料請求(無料)
資料請求(無料)
写真:セミナー
セミナー参加申し込み

資料請求(無料)CONTACT