不動産フランチャイズの儲かる仕組みとは?おすすめの人も紹介

売れる仕組み / 営業・経営戦略
2021年04月08日 by 篠原 和将

目次

不動産会社を経営している人や、不動産会社を開業したいと考えている人は、「不動産フランチャイズに加盟したほうが良いのか」ということを検討している人もいるでしょう。

不動産フランチャイズの加盟にはロイヤリティーの支払いが必要ですが、得られるメリットも多く、全国各地に不動産フランチャイジー(加盟店)が存在しています。

そこで今回は、不動産フランチャイズの概要や仕組みから、加盟店の平均的な売上・利益、不動産フランチャイズへの加盟が向いている人の特徴までを解説します。

「不動産フランチャイズは儲かるのか」「加盟したほうが良いのか」が気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

不動産フランチャイズとは?儲かる仕組み・必要な資格を紹介

コラム用画像 (2).png

不動産フランチャイズとは、フランチャイズ本部が加盟店を募り、加盟費用やロイヤリティーを受け取る代わりに看板・ノウハウ・経営サポートなどを提供する仕組みです。

不動産フランチャイズに加盟して不動産会社を開業した人は、本部から看板の提供を受けますが、あくまで独立した会社(店舗)として経営を行うこととなります。

ここでは、不動産フランチャイズの儲かる仕組みから加盟するメリット加盟に必要な資格までを解説します。

大手不動産会社の知名度を利用できる

不動産フランチャイズに加盟する最大のメリットは、大手不動産会社の知名度をビジネスに利用できる点です。

知名度がビジネスに与える影響は、非常に大きいといえます。

高い知名度は消費者からの信頼に繋がり、集客力や成約率に直結するため、売上アップに大きく貢献します。

あらゆる業界の大手企業が、莫大な広告宣伝費を投下して街中に看板を設置したり、TVCMを放映したりしている目的は、知名度を上げるためです。

これから不動産会社を開業するにあたって、大手不動産会社の知名度を利用できることは、大きなアドバンテージとなるでしょう。

大手不動産会社のノウハウを利用できる

不動産フランチャイズが儲かる理由としては、加盟することで「大手不動産会社が蓄積しているノウハウを利用できる」ことも挙げられます。

不動産フランチャイズは、加盟店を増やし、本部の利益を拡大するために、加盟店向けの洗練されたノウハウやシステムを用意しています。

単なる営業ノウハウに限らず、総合的な経営ノウハウから顧客対応ノウハウまで幅広く充実していることが特徴です。

また、サポートに関しても非常に充実しています。加盟店となることで、個人・小規模事業者では構築できないノウハウ・システムを利用できるため、売上アップやビジネスの成長に大きく役立てることができます。

加盟するために宅建資格が必要である

不動産フランチャイズの多くは、加盟に際して、さほど厳格な条件を設定していません。

しかし、不動産業の開業に必要な宅建資格については、ほぼすべての不動産フランチャイズで要求されます。

不動産業を営む場合、宅建資格所持者でなければ行えない業務が存在することが、フランチャイズ加盟でも宅建資格の所持を求められる理由です。

これから不動産会社を開業する人は、不動産フランチャイズ加盟の有無にかかわらず、宅建資格は事前に取得しておきましょう。

不動産フランチャイズは儲かるのか?平均的な売上・利益を紹介

資金力イメージ画像.jpg

不動産フランチャイズへの加盟を検討している人は、実際の加盟店がどの程度の売上や利益を上げているのかが気になることでしょう。

売上・利益は事業規模などの条件によって大きく異なりますが、経営状況の安定化したフランチャイズ加盟店の平均売上・利益は下記の通りです。

不動産フランチャイズ加盟店の月間売上・利益

  • 平均的な月間売上:100万円程度
  • 平均的な月間利益:30万円程度

上記は加盟店全体の平均値であるため、あくまでも目安です。

月間売上は100万円程度が平均となりますが、利益が出ていない人から利益額が1,000万円以上の人まで、大きな開きがあります。

また、売上すべてが利益となるわけではなく、人件費や家賃などの経費や、フランチャイズ本部への加盟費用・ロイヤリティーの支払いもあるため、利益率はそれほど多くはありません。

フランチャイズ本部へのロイヤリティーは売上の7~10%程度、広告費の分担金が10万円前後といわれており、毎月15万円~20万円程度は本部に支払わなければなりません。

売上から諸経費を差し引いた月間利益は平均30万円程度と考えられており、年収にして約360万円です。

月間50万円以上の利益があれば年収約600万円を超えますが、平均利益を上回るためには相応の経営努力や行動力が必要となるでしょう。

不動産フランチャイズがおすすめの人

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s-thumb-autox562-271.jpg

不動産フランチャイズを提供する会社の多くは、洗練されたノウハウを持っています。

しかし、不動産フランチャイズへの加盟はすべての人におすすめであるわけではなく、向き不向きのあることが実情です。

ここからは、「不動産フランチャイズがどのような人におすすめであるか」を解説します。

不動産フランチャイズに興味を持っている人は、適性の判断に役立ててください。

不動産業界で独立したい人

現在、不動産業界で働いている人のなかには、独立したいと考えている人もいるでしょう。

しかし、多くの業者が存在する不動産業界においては、自分一人の知識やノウハウのみで成功を収めることは困難です。

また、独立後はプレイヤーとしてのスキルだけではなく、経営ノウハウも必要となります。

不動産フランチャイズに加盟することで、本部が生み出したノウハウや集客力を活用できるため、不動産業界における独立起業の後押しとすることができます。

不動産フランチャイズのメリットを活用することで、経営が成功する確率を高められるため、独立を目指す人には不動産フランチャイズの加盟はおすすめです。

業務拡大を目指したい人

不動産会社を開業後に、大きく業務を拡大したいと考えている人は、不動産フランチャイズへ加盟したほうが有利です。

個人が持っているネットワークには限界がありますが、不動産フランチャイズへ加盟することで、物件のネットワークが広がり、数多くの物件を扱うことができます。

また、本部と提携している企業との連携などもスムーズに行うことができるため、業務拡大のアドバンテージとなります。

近年では、不動産と保険・リフォームをセット化した多角経営のノウハウを持った不動産フランチャイズも見られます。業務拡大により売上・利益を上げたいと考えている人は、多角経営を視野に入れることをおすすめします。

私たちの住宅フランチャイズでは、土地情報の強みを活かした活動を積極的に行っている不動産業主体の加盟店様もいらっしゃいます。

経営のヒント用バナー素材.png

本部のノウハウ・ルールを活かせる人

不動産フランチャイズへの加盟は、本部のノウハウを活用できる反面、本部が定めたルールも守らなければなりません。

場合によっては、不本意な経営判断を行わなければならなかったり、本部のマニュアルに従った営業を行わなければならなかったりすることもあります。

そのため、これまでの経験から自分独自のノウハウを確立している不動産業界経験者にとっては、フランチャイズ加盟のメリットは大きくないといえます。

反対に、自分のノウハウが確立していない場合や、フランチャイズのルールに対してスムーズに適応できる場合は、加盟のメリットが大きいといえるでしょう。

まとめ

コラム用画像 (8).png

不動産業界での独立開業の手段に不動産フランチャイズを利用している人は多く、実際に成功している人も数多く存在しています。

不動産フランチャイズへの加盟は、洗練されたノウハウ・知名度・集客力などを得ることができるため、経営の早期安定化に繋がります。

不動産フランチャイズを活用した独立開業で大切なことは、「自分に合ったフランチャイズを選ぶこと」と「加盟店が得られる恩恵を十分に活かすこと」です。

不動産業界で成功を収めたい人は、不動産フランチャイズの儲かる仕組みについての理解を深めて、加盟を検討してはいかがでしょうか。

写真:資料請求(無料)
資料請求(無料)
写真:セミナー
セミナー参加申し込み