褒める効果はバツグン!仕事のモチベーションを上げる「ほめ達」

楽しい会社づくり / 従業員満足
2020年04月16日 by ジョンソンホームズ スタッフ

目次

ジョンソンホームズ、インテリア事業部の棟安です。


社員が明るくキラキラしていて、仕事に前向き。

しかも業績も良い。

そんな夢のような職場づくりを叶えるためには、実は褒めることがとても重要なんです。


褒めるとは、「人」「モノ」「起きる出来事」の価値を発見し、それを認めて伝えること。


ジョンソンホームズでは、一般社団法人 日本ほめる達人協会の札幌支部として、「価値発見の達人」「ほめる達人」=「ほめ達」を社風にし、より良い会社づくりに社員全員で取り組んでいます。


今回は、具体例を交えながら褒めることが仕事にもたらす効果や、「ほめ達」の概要をご紹介します。


なぜ「ほめ達」が職場環境を変えるために必要なのか?

褒めることが仕事にもたらす効果はどんなものなのでしょうか?


よりよい会社づくりのために、ぜひ参考にしてください。


褒める効果はどんなもの?事例も紹介!

仕事では、つい部下にきつい口調で接してしまったり、いいところを伝えず褒めることは、実は叱るよりも人を褒めると期待できる効果を見ていきましょう。


モチベーションがアップ

仕事のモチベーションは、職場の人間関係に左右される部分も大きいです。


周りに褒めてくれる人がいると、嬉しくなりますよね。

いい人間関係を作ることができれば、仕事が楽しいと感じることが増えるでしょう。


また、褒めてくれる人のためにも仕事を成功させたいという気持ちがうまれれば、仕事へのパフォーマンスも上がります


ただ給料のために淡々と仕事をしていると、言われたことを最低限こなして終わりになってしまうこともあります。


ですが、仕事が楽しいという気持ちや、この人のためにもっとがんばりたいという想いがあれば、渡された仕事に対して積極的に働くための土台を作ることができます。



褒める効果が仕事で出た事例

実際に、良いところを褒めたことでお客様との良い関係をつくるのがとても上手いと感じたんです。

実際、スタッフそれぞれに顧客の数を聞いてみると、業績の悪い彼女がトップでした。


そのことを伝えてからというもの、彼女は元気になりモチベーションがアップ。

しかも、業績がぐんぐん伸びて、いつの間にかお客様と仲良くなり、信頼関係を築くこと」。

そこに僕らが気づき、認めてあげることで、彼女の真の実力を引き出してあげられたのだと思います。


褒める方法をチェックしてあなたも「ほめ達」に!

部下をほめようと思っていても、悪いところ、変わってほしいところが目に付きがちです。

でも、人と自分は別の人間ですし、他人を変えることは不可能です。


それなら、まず自分を変えて、一人ひとりと向き合ってみようというのが、「ほめ達」の基本です。


誰にでもある素敵なところを発見し、伝える

一人ひとりの素敵なところを積極的に伝えて、親身になって接すれば、他人に「変わるきっかけ」を与えられます。


まずは、個人をよく見て、話に耳を傾け、「仕事で何をしたいのか」「働きがいは何か」を受け止めてあげてください。


次第にその人のもっと活かせる能力が分かってきます。

褒め言葉として受け取られない場合もあります。


褒める時は、仕事の成果だけではなく自信を持ってもらうことができます


また、自分を見てくれている人がいると実感できるのは誰でも嬉しいものですよね。

そんな人から依頼された仕事ならいっそう気合いが入ります。



失敗を次に活かせるよう導く

「ほめ達」は、起きる出来事の価値を発見するスペシャリストでもあります。


例えば、お客様のクレームが入った時。

お客様に怒られるのは誰でも嫌なものです。

怒られたことで悩んだり、落ち込んだりすることは仕方がないことです。


ですが、もしクレームを「「失敗」は次に活かせる成功の種になります。


僕は「ほめ達」について学ぶうちに、「困ったなぁ、ピンチだなぁ」というマイナスの出来事をプラスに転換するコツが身につき、実務に生かせるようになったんです。


まさに「

褒めることは、仕事のパフォーマンスを上げて職場の雰囲気をよくするために欠かせません。


「ほめ達」になるために気を付けたい、褒め方のポイントを見ていきましょう。


気まぐれに褒めない

気まぐれな評価や態度は部下の不信感を煽り、会社全体の雰囲気を悪くしてしまうことも。


褒めるべきことがあれば必ず褒めるなど、その日の気分による気まぐれにならないよう注意しましょう。



本人の努力や行動と無関係のことを褒めない

その人の仕事の成果やプロセス以外のことを褒めても逆効果になってしまうこともあります。


例えば、年齢や家柄、交流関係など、自分でがんばったことではないことを褒められても、褒められた側は嬉しいとは思いません。


それどころか「同じような人にも、同じような褒め言葉でおだてているんじゃないか?」と思われ、部下が自分の意見を伝える機会を作ること。

自発的に発言できる環境が、社員の成長を促していきます。

部署内や他部署で面談したり、キックオフなどで多くの人とコミュニケーションを取る場を設けてみるのもオススメします。


"ことが大切。

より良い会社づくりのために、上司と部下の垣根は必要ありません。


褒める効果が人を磨き、仕事の質を上げる!

今回は、褒めることで仕事にもたらされる効果や褒める方法、そしてポイントとして、上司だけでなく部下が意見を伝えて褒める機会を作ることが大切ということをお伝えしました。


褒めることによる効果は大きいです。

仕事へのモチベーションやパフォーマンスのアップだけでなく、

人の素敵なところを見つけ、それをその人に伝えてあげられるようになることです。


また、僕らの周りには、キラキラと輝く魅力を持った「ダイヤの原石」がいっぱいいることにも気付いてあげてください。

彼らに自分の長所を気付かせることで、彼らは自らの力で輝き、伝える側も、彼らから良い影響を受けて輝けるようになりますよ。


ジョンソンパートナーズでは、ビジネスに役立つさまざまなヒントを発信中です。

仕事や職場の雰囲気づくりなど、悩んだときはぜひ参考にしてみてくださいね!


写真:資料請求(無料)
資料請求(無料)
写真:セミナー
セミナー参加申し込み

資料請求(無料)CONTACT